So-net無料ブログ作成

【動画】自律型建設ロボットチーム現る、ハーバード大学 米国 [科学・発明]


- PR -

【2月22日 AFP】シロアリのように、リーダーの指令がなくても協調行動で構造物を構築することが可能な小型ロボットについて、米ハーバード大学(Harvard University)の研究者らが13日、米国科学振興協会(American Association for the Advancement of Science、AAAS)の年次会合で発表した。

「TERMES」と呼ばれるこの小型ロボットは、ある程度の指示を出せばブロックを運んだり、階段を作ったり、ピラミッドを建設したりすることができる。4年プロジェクトの一環として作られたもので、その詳細は2月13日発行の米科学誌サイエンス(Science)に掲載された。


建てたい形を与えると、ブロックを勝手に積み上げていき、建設していきます。
ロボットは、
・自身の判断でブロックを積み上げる
・周りの状況を把握しながら行動する
ことができるそうです。



自律型なので、
監督する役割のコンピュータ、建設状態を俯瞰する情報、お互いに通信し合う
ということは、一切不要なようです。

同じ建物でも、作り方は変わります。
センサーで状況を把握しながら自分が何をすべきかを決定していく
からこそできる技です。

これは応用によっていろいろなシーンで活用できそうな技術です。

「スティグマジー(stigmergy)」と呼ばれるコンセプトに従っているそうです。
このロボットの場合、これが自律を司るものですね。


- PR -



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。