So-net無料ブログ作成
忘れてはいけない ブログトップ


- PR -


灰色を黒にする韓国紙の朝日新聞擁護 [忘れてはいけない]

【歴史戦 第5部 「朝日検証」の波紋(下)2】韓国紙が「朝日助ける方法あるはず」とまで擁護するのはなぜか


 朝日新聞が今月5、6両日に掲載した慰安婦問題の特集記事について、6日付の主要韓国紙は「朝日新聞、安倍に反撃…“慰安婦問題直視を”」(朝鮮日報)「朝日、右翼に反撃」(中央日報)との見出しを掲げ、「自由を奪われた強制性あった」という朝日の主張を全面的に支持した。

 ◆保守勢力に警告

 旧日本軍が慰安婦を「強制連行」したという誤解を韓国側に植え付けるきっかけの一つとなった自称・元山口県労務報国会下関支部動員部長、吉田清治の証言を朝日が「虚偽」と認め、記事を取り消したことを、韓国メディアは問題視していない。むしろ「自己反省した」(朝鮮日報)「潔い反省」(中央日報)と評価している。

 なかでも朝鮮日報は、吉田証言を、記事中で「証拠が裏付けされていない証言」といった曖昧な表現にとどめ、朝日の誤報には直接触れていない。それどころか「安倍首相と産経新聞など極右メディアは朝日新聞を標的にし、『慰安婦=朝日新聞の捏造(ねつぞう)説』まで公然と流布させている」と、朝日の慰安婦報道を追及してきた側を非難している。


朝鮮日報、中央日報、東亜日報 韓国の新聞各社が朝日新聞の誤報を擁護しています。

韓国紙各社が朝日新聞を擁護すればするほど、蜜月の関係に合ったのか、という認識を与えているとおもいます。

実際に太いパイプで結ばれていたのかどうかはわかりませんが、

今後の朝日新聞の動向に注目が集まります。

朝日新聞には、
旧日本軍が慰安婦を「強制連行」したという誤解を韓国側に植え付けてしまった吉田証言の誤報に関して、
すべての日本人へ真摯に謝罪し続ける姿勢と、
間違ったメッセージを受け取った世界各国の人々へ、誤解を解くまでメッセージを発信し続ける姿勢を求めたいです。

いまは信頼していませんが、誰にでもミスはあるものです。

いま契約している新聞の後に朝日新聞を1度とってみようと思っています。

紙面からメッセージを感じられない場合、今後契約はしないつもりです。

「人の噂も七十五日」という諺がありますが、本件に関しては、
結果的に日本を陥れた悪しき記事です。

日本の多くは、きっと忘れずにいると思います。

忘れてはいけない ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。