So-net無料ブログ作成
検索選択


- PR -


米、北のテロ国家再指定を検討 ソニーへのサイバー攻撃で [話題]

北朝鮮は否定していますが、米ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントに対するサイバー犯罪は、

北朝鮮が行った犯罪とFBIは認定しました。

セキュリティレベルの高そうな映画会社&米国ですが、北朝鮮にセキュリティを突破されたことになります。

北朝鮮のサイバー能力、侮れません。

 北朝鮮が米映画製作大手ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント(Sony Pictures Entertainment)に大規模なサイバー攻撃を仕掛けたとされる問題で、バラク・オバマ(Barack Obama)米大統領は、21日放送の米CNNテレビインタビューで、北朝鮮のテロ支援国家への再指定を検討していることを明らかにした。

一方で、北朝鮮の行為は「戦争行為」ではなく「サイバー破壊行為」に当たるとの見解を示した。北朝鮮との間で高まる緊張を抑制する狙いがあるとみられるが、野党・共和党からは、北朝鮮に厳しい制裁を科すよう求める声が上がっている。ジョン・マケイン(John McCain)上院議員は「これは破壊行為を超える、新しい形の戦争だ」と述べ、断固とした対処が必要との見解を示した。


- PR -


騙されてしまった。21世紀に名を残すペテン師 [話題]

「STAP細胞はあります!」、

  「200回以上、作製に成功しています!」、

「場所と許可さえあれば、どこへでもいって、作製するところを見せられます!」

元理研の小保方晴子研究員がSTAP細胞論文の疑惑に対する会見で発言した言葉です。

話し方、感情の込め方、うそじゃなくて、ミスなの?、STAP細胞は捏造ではなく、実在するんだね!?
と思わせてくれた会見でした。

この会見で、検証が成功するまで、そっと見守ろうという気持ちになりました。

本人も参加した検証実験で、結果的にはSTAP細胞は作製できなかった、という結果になりました。

STAP細胞はない、

小保方節に見事騙されてしまいました。

この一連のSTAP細胞問題は21世紀にペテン師として名を残すことでしょう・・・


STAP検証実験打ち切り 小保方氏・理研、確認できず


 STAP細胞をめぐる問題で、
 理化学研究所の小保方晴子研究員が11月末までの期限で取り組んできた検証実験で

 STAP細胞の存在を確認できなかったことが、理研関係者への取材でわかった。

 理研の別のチームが来年3月末を期限に続けていた実験でも確認できず、理研は両方の検証実験を打ち切ることにした。19日に記者会見を開き、発表する。会見には小保方氏は出席しない見通し。
タグ:STAP細胞


- PR -


かなり黒っぽい印象を受ける、小渕氏の政治資金問題 家宅捜索前にHD破壊 ドリルで穴開けたパソコン発見 [話題]

政治団体「小渕優子後援会」の政治資金問題、

実際にいった観覧会の収支報告が記載されていないなど管理がざる?なのかという印象が強いです。

この問題を受け、2014年10月末、家宅捜索が実施されましたが、事前にハードディスクが破壊されていたという情報が上がってきたようです。

家宅捜索するという情報が、何者かにより漏れ、小渕氏側に渡ったものと思われます。
ハードディスクは、ドリルで穴を開けるという方法で破壊しています。

ハードディスクには、収支の闇の流れの情報が満載だったにちがいない!

という印象を強く受けます。


今回の衆議院選挙で、小渕氏は当選しています。
群馬県第5区の県民は、一体なにを考えて小渕氏に投票したのか理解に苦しみます。



 小渕優子前経済産業相(41)=群馬5区=の関連政治団体をめぐる政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部が10月末に同法違反容疑で群馬県内の関係先などを家宅捜索した際、パソコンのデータなどを保存するハードディスク(HD)が捜索以前に破壊されていたことが19日、関係者への取材で分かった。

 特捜部は、HDに保存されていたデータの内容や、破壊された経緯などを調べている。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。