So-net無料ブログ作成
検索選択
ショッキング ブログトップ
前の3件 | -


- PR -


ZMapp、血しょう効かず、シエラレオネでエボラ感染の医師、米病院で死亡 [ショッキング]

シエラレオネで感染発症し、米国へ運ばれた医師は、到着した時点ですでに意識反応がなかったようです。
シエラレオネで治療を受けていましたが
治療薬「ZMapp」・・・・・効かず、
回復した患者の血しょう・・・効かず
という結果となりました。


シエラレオネでエボラ出血熱患者の治療中に自らもエボラウイルスに感染し、米ネブラスカ大学医療センター(University of Nebraska Medical Center、UNMC)に搬送され治療を受けていた医師が17日、死亡した。これでエボラ熱による米国内の死者は2人となった。

死亡したのは、シエラレオネ出身で米国の永住権を取得していたマーティン・サリア(Martin Salia)医師(44)。母国に戻り、エボラ熱患者の治療に当たっていた。


- PR -


中国でブタが二歳児かみ殺す 解体された体内から男児の頭蓋骨が… [ショッキング]

二歳児は近所で飼育されている豚に襲われたようです。

専門家の話では、雑食の豚が、人を襲って食べることはありえないとしつつも、
以下のような場合には襲う可能性を示唆しています。
・よほど腹を空かしていた
・非常にストレスを感じていた
・飼われていた環境が劣悪だった

いずれも飼育する人の責任です。

近所の家畜の状態がどうなっているのかなど知る由はありません。



中国の江蘇省徐州市で、2歳の男児が近所で飼育されていた雌のブタにかみ殺されるという事件が起きた。新華ニュースなど中国メディアが16日伝えたところによると、殺処分され解体されたブタの体内から、男児の毛髪や頭蓋骨の一部などが続々。解体にあたった法医学の専門家が、男児はブタにかみ殺されたと判断したという。


- PR -


エボラ熱の死者、5000人超える マリで感染拡大の恐れ、WHOの統計、若干おかしい [ショッキング]

世界保健機関(World Health Organization、WHO)は12日、世界8か国でのエボラ出血熱での死者が5160人に達したと発表した。死者を含む感染者は1万4098人。

7日の発表では、死者は4960人、感染者は1万3268人とされていた。またWHOは、エボラ熱の致死率は約70%であることから、死者数は発表よりもはるかに多い可能性が高いとしている。


11月9日時点の最新の統計、感染者は1万3268人、いままでの5割の致死率であれば、7000人以上なくなっているはずですが、4960人という報告になっています。


国ごとの統計をみると
ギニア:致死率 60.8%
シエラレオネ:致死率 21.8%
リベリア:致死率 41.6%

シエラレオネの報告にかなり誤りがありそうな感じです。

実際には、6割以上の方がなくなる危険性がある状況だとおもわれます。


懸命な押さえ込みにも関わらず、じわじわと感染国が広まっています。

富士フィルムのエボラ治療にも使えるアビガン錠、早期投入が望まれます
前の3件 | - ショッキング ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。