So-net無料ブログ作成
よさげなサービス ブログトップ
前の3件 | -


- PR -


インテルからの贈り物、運動神経系疾患に苦しむ数百万人にとって朗報! [よさげなサービス]

スティーヴン・ホーキング博士は、
21歳のときに筋萎縮性側索硬化症で余命3年という診断を受けました。

72歳となる現在も健在で活躍している物理学者です。

インテルは、スティーヴン・ホーキング博士をサポートするツール類をいろいろ作成しています。

今回は、インテルが3年がかりで開発したスピーチソフトをオープンソースで公開することが発表されました。

様々なプラットフォームでALSに苦しむ人々の助けになるツールが登場することが待ち遠しいですね^^

ホーキング博士の発話ソフト、オープンソースで提供へ


英物理学者のスティーブン・ホーキング(Stephen Hawking)博士(72)が利用しているコミュニケーションのための技術が、来年1月より誰でも利用できることが2日、明らかになった。このソフトウエアは、インターネットを通じて入手可能になるとされる。運動神経系疾患に苦しむ数百万人にとっては朗報だ。

同博士は英ロンドン(London)の記者会見で、米半導体大手インテル(Intel)の決定を歓迎した。「この技術が無料で提供されることで、世界中の障害者の生活が大幅に改善される可能性が出てきた」と語り、「これがなければ、私は今日こうして皆さんに話をすることすらできなかった」と続けた。同博士は、21歳のときに運動神経系の疾患の一種で難病の筋萎縮性側索硬化症(Amyotrophic Lateral Sclerosis、ALS)と診断されている。


- PR -


NYの公衆電話、ハイテク端末LinkNYCに交換へ 15年から実施 [よさげなサービス]


公式:http://www.link.nyc

「Say goodbye to the Payphone」(さようなら公衆電話)とインパクトのある文章が使われています。

・Gigabit WiFi 24時間無料でインターネットにアクセス可
・米国内の無料通話
・携帯電話やタブレットの充電
・911、311もOK


本体は結構大きめで、広告表示エリアが設けられています。


広告収入で賄われるため、新たな税負担等はないようです。

素晴らしいです^^日本でも是非導入検討お願いします!


ほぼ利用されることがなくなっている米ニューヨーク(New York)の公衆電話が近く、無料でWiFiなどのサービスを提供するハイテクの端末に交換される見通しだ。同市のビル・デブラシオ(Bill de Blasio)市長が17日、発表した。



- PR -


中学生や高校生の勉強や試験でのストレス解消に、どんなに力を入れても芯が折れないシャープペン「デルガード」 ゼブラが11月発売 [よさげなサービス]

 ゼブラは7日、筆圧や書く角度に合わせて、芯をガードする内部機構を採用し、どれだけ力を入れても芯が折れないシャープペン「デルガード」を11月12日に発売すると発表した。

 新しい内部機構は、紙面に対し、垂直に強い筆圧が加わると、軸に内蔵したスプリングが芯を上の方に逃し、折れるのを防ぐという。さらに斜めに力が加わった場合は、先端の金属部品が自動的に出てきて芯を包んでガードする。


デルガードシステムと呼ばれる機構は、
1:縦方向の筆圧を上部スプリングで吸収し、芯が折れるのを防ぐ
2:斜め方向の筆圧を下部スプリングで吸収し、芯が折れるのを防ぐ
スプリング2つで折れない芯を実現しています。

芯詰まりを防ぐための機構も備わっているようです。

学生が感じるシャープペンシルの不満ベスト5
1位 芯が折れる!
2位 最後まで芯を使い切れない
3位 芯がつまる
4位 手が疲れる
5位 残芯の量が分かりにくい
の芯が折れる、芯がつまるという不満を解消してくれるゼブラ「デルガード」

ゼブラ シャープペン デルガード 0.5mm P-MA85-W ホワイト



(予約受付中)

子供に持たせてあげたい逸品かもしれません。

前の3件 | - よさげなサービス ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。