So-net無料ブログ作成
検索選択

騙されてしまった。21世紀に名を残すペテン師 [話題]


- PR -

「STAP細胞はあります!」、

  「200回以上、作製に成功しています!」、

「場所と許可さえあれば、どこへでもいって、作製するところを見せられます!」

元理研の小保方晴子研究員がSTAP細胞論文の疑惑に対する会見で発言した言葉です。

話し方、感情の込め方、うそじゃなくて、ミスなの?、STAP細胞は捏造ではなく、実在するんだね!?
と思わせてくれた会見でした。

この会見で、検証が成功するまで、そっと見守ろうという気持ちになりました。

本人も参加した検証実験で、結果的にはSTAP細胞は作製できなかった、という結果になりました。

STAP細胞はない、

小保方節に見事騙されてしまいました。

この一連のSTAP細胞問題は21世紀にペテン師として名を残すことでしょう・・・


STAP検証実験打ち切り 小保方氏・理研、確認できず


 STAP細胞をめぐる問題で、
 理化学研究所の小保方晴子研究員が11月末までの期限で取り組んできた検証実験で

 STAP細胞の存在を確認できなかったことが、理研関係者への取材でわかった。

 理研の別のチームが来年3月末を期限に続けていた実験でも確認できず、理研は両方の検証実験を打ち切ることにした。19日に記者会見を開き、発表する。会見には小保方氏は出席しない見通し。
- PR -



タグ:STAP細胞
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。