So-net無料ブログ作成
検索選択

「スロット依存症」男性に6500万円返せ、オーストリアで判決 [話題]


- PR -

2006年から2010年の間に約1億1800万円もの大金をスロットマシンにつぎ込んだ男性が、依存症と認定され、つぎ込んだ額の半額以上返却される判決が下ったようです。

2006年から2010年、約4、5年間の間につぎ込んだ額としてはかなり大きな額です。
5年間だとして、ギャンブルに使った金額は、
1年あたり、約2300万円
1ヶ月あたり、約190万円
1週間あたり、約45万円
1日あたり、約6万5千円という計算になります

1億1800万円つぎ込んだ利益はいかほどかは、不明ですが、
月に190万円もギャンブルに興じていることから、かなりのリッチマンです。

オーストラリアウィーンには、いたるところにスロットマシンがあることにも驚きます。



 オーストリアの首都ウィーン(Vienna)で、スロットマシンに莫大(ばくだい)な金額をつぎこんだ男性が、裁判所によって依存症と認定され、44万ユーロ(約6500万円)近くが返金されることとなった。男性の弁護士が11日、明らかにした。

男性は、2006~10年にスロットマシンにつぎ込んだ80万ユーロ(約1億1800万円)の一部について、責任は自分にはないと訴えていた。

裁判所は、精神鑑定も参考に、該当期間のギャンブル「契約」は無効だとした男性の訴えを認めた。
- PR -



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。