So-net無料ブログ作成
検索選択

現実的な選択だけど視聴者の希望は裏切っている・・・TVで「大蛇に食われる」約束果たさず、米ナチュラリスト、米ディスカバリーチャンネル [話題]


- PR -

番宣:Eaten Alive Sneak Peek | Sun Dec 7 9/8c on Discovery


万全の保護で、自らヘビに食べられて、生還する、だれもしないバカなことですが、

一度も見たことがないシーンなので、興味深々でした。

ヘビは、本当に人を食べるのか?
食べられる前の締め付け対策は大丈夫か?
食べられる最中に蛇の口や体からどの程度の圧力がかかるのか?

アナコンダは、食べる前に獲物を締め付けます、
この段階で恐怖を感じたポール・ロソリー氏は早々にギブアップしてしまったようです。

現実的な選択ですが、番組を見ている視聴者に対する裏切りですね・・・


 南米アマゾンAmazon)の熱帯雨林の破壊状況を訴えるために、大蛇アナコンダに飲み込まれてみせると宣言していた米ナチュラリストのポール・ロソリー(Paul Rosolie)氏は、7日に放映された米ディスカバリーチャンネル(Discovery Channel)の番組内で大蛇と対決したが、実際に飲み込まれることはなく、世界の視聴者をがっかりさせた。

ロソリーさんは結局、アナコンダに体を巻かれた段階で、重傷を負うことを恐れて挑戦を中止した
- PR -



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。